スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/02 (Mon)

母子グロッキー。 

またかって感じなんだけども。
今回はちょっと勝手が違うというかなんというか。。

5月31日の土曜日。
この日は私がついに病院へ行くことを決めていた日で。
というのも、前にも書いた、帝王切開の傷痕の治療のために。
昨年何度か通院したんだけど、その時は母乳を与えてたために、ステロイドの注射ができないと言われて投薬のみ。
でも全然改善されなかったので、卒乳したらまた通うことにして、結局今になったって感じなんだけど。

今回は昨夏引越ししたために別の病院にかかることになったんだけど、おそらく注射ってことになるんだろうから、かなりナーバス。
だって、絶対痛い・・・。そうじゃなくても痛痒いんだもん、注射なんて痛いに決まってる。

息子は旦那に見てもらい、朝一で通院。(午前中しかやってないし。)
行ったら割と待たされることなく診察室へ行き、これまでの経緯を話すと、やっぱり注射orz
正直、ステロイドの注射は避けられるものなら避けたかったんだけど、これまで薬で改善されなかったのなら、あとは注射や手術じゃないと改善は見込めないとのこと。

ベッドに横にされ、ながーい注射を3度も傷に直接さされ、痛くて本当に泣きそうになった。
ものすっごい痛かった。
病院によっては注射前に麻酔するところもあるほどだというので、痛いのは覚悟してたんだけど(麻酔するかと言われれば断るつもりでいた)、あれほどとは。
瞬間最大風速は、陣痛より痛いかもしれない・・・。
陣痛は長引くから陣痛のほうがしんどいと思うんだけど、痛みの度合いに関しては今回のほうが痛かったなあ。
それとも、忘れてるだけなのかな。

しかも終わった後で、「また次は2週間後に打ちましょう。しばらく通ってもらうことになります。」って先生ってばしれっと。しれっと!!!

とりあえず今回が一番痛いらしいけど、それにしたって次が劇的に痛みが軽減するとは思えず。
まじでブルー超えてダークだわ。一日中痛くて気分も優れなかったし。
あと何回打たなくちゃいけないんだろう。人によって2~3回の人もいれば、数十回にまでのぼる人もいるらしい。


そしてその5月31日は、実は我が家結婚記念日&愛猫・鈴蘭の誕生日。

我々はすずの誕生日を狙って入籍した飼い主バカなんだけども、小さい頃は身体の弱かったかわいいかわいいすずちゃん、8歳になった。
正直、早死にしちゃうんじゃないかって最初は思ってたけど、今は健康そのもので、1歳過ぎてからは避妊手術以外で病院のお世話になったこともなく、本当に手がかからない。
これからもずーーーっと元気で長生きしておくれ。

そして我々はと言うと、3年目に突入。
早かったなー。

挙式の会場選びなんかをしてる時に妊娠が分かって、バタバタと入籍が早まり、結局まだ式とかなーんにもしてないんだけど、そろそろしちゃいたいねえ。
秋にはふたりめの子作り解禁しようと思ってるし(お腹の治療の経過次第ではまだまだ無理ってことになるかもなんだけど)、そうなったらもう向こう3年は無理だよねー。
自作してたウェディングドレスも放置したまんまになってるし・・・。なんとかせねば、もったいなさすぎる。


で、そんな話は別によいのだけど、その日はお寿司とケーキにしようってことで買ってきたのね。
息子は大好きな納豆巻きを食いまくり、火の通ってるものならってことで穴子も食べて、とどめに母ちゃんの中トロをほんのちょっぴりあげたのがきっとダメだったのね。

食後ちょっとしてから湿疹が。。
保育園からは「水疱瘡と手足口病の子が出たので、注意して観察してください。」と言われてたし、どっちかかなあって思った。その時は。

夜中は顔にばーーっと出て、痒がって大泣き。
抱っこで落ち着かせて寝かせてからは朝まで寝たけど、朝になったら顔や手足が更にすごいことに。。
さすがにびっくりして救急病院へ。

医師は見てすぐ「あー、じんましんですね~。」と。
伝染病かと思ってたので軽く安心するも、原因を考えると、中トロしか考えられず。
医師は、「食事だけでなく、ストレスからも来ることがあるので、保育園で何かストレスかかえて・・ってことも考えられます。」と。
ストレスなら噛まれたことが挙げられるし、食あたりなら完全にあたしの落ち度。

母ちゃん、かなりヘコんじゃった。。

でも、昼食後に処方されたシロップを飲ませ、塗り薬を塗ってお昼寝して起きたら、きれいさっぱりなくなってて。
それはそれでびっくり。
少しだけと思ってた私だったので、やっ『本当に伝染病じゃないのかなあ。』ぱり医師はすごいなと再確認。
本当に頭が下がりますな。

今後は今回のことを教訓に、やっぱり2~3歳までは生ものは食べさせまいと思いました。
(栄養士さんからは1歳半を目処に少しずつ食べさせ始めても大丈夫と仰ってたので、『うちの子もう食べてるよ!』って方がいらしたとしても、それこそじんましんや下痢がなければ大丈夫だと思われます!)


そんなこんなで、せっかくの日だけど大変な一日になったのでした。

ちなみに、お腹の傷は旦那いわく「すごい盛り上がってたのにちょっとへこんでる。」とのことで、痛みがしっかりとフィードバックされたようでよかった。
でなきゃやってらんねえっす、まじで!!
まぁ、まだまだエグイんだけどね。かなりの回数打たなきゃいけなさそうでげんなり。でも、がんばろうっと。

副作用(生理不順、多毛など)がでないことを祈る。
スポンサーサイト
18:58  |   -息子@1歳4ヶ月~1歳7ヶ月  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyhappybaby.blog59.fc2.com/tb.php/390-bef9df8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。