スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/19 (Sun)

帝王切開、そして入院② 

前日のエントリ『帝王切開、そして入院①』の続きです。

+*+*+

11月13日(術後5日目)、この日はついに相方が東京へ戻る日。
めちゃめちゃ寂しくて、それに色んなことを考えてしまって(これはまた別の機会に書きます)、前日泣いてしまった。

今回、母にも洗濯して持ってきてもらったりと、かなりお世話になったんだけど、やっぱり自分が弱音を吐けるのは相方だけで、唯一の心の支えだったわけで。。その相方がいなくなって、お腹に傷を抱えた状態でひとりで息子の世話をしなくちゃいけなくて、不安で不安で、寂しくて仕方がなかった。
なんでこんなことになったの?っていう気持ちもやっぱりあって・・・。

もちろん、へその緒を絡みまくってた息子をどう思うとかってのは全然ないし、ほんとかわいくて仕方ないんだけどね。
ただ、前に通ってた産婦人科だったら、なんとかしてくれたんじゃないかなとか、そういう小さな後悔があったりして、ずっともやもやしていたけど、相方といることで紛れていたそういう気持ちが噴出すんじゃないかっていうのもまた不安だった。

11月14日(術後6日目)、やっぱりひとりでいると色んなことを考えてしまって、涙が止まらなかった。そこへ偶然来た看護師さんにも見られたけど、深追いしないでくれてよかった。

産後のブルーに加え、緊急帝王切開になってしまったショックは半端じゃなかった。事前に決まってれば心の準備もできたんだろうね。
二人目は予定帝王切開になるだろうから、ちょっとはマシなのかなぁ。。あんな気持ち、二度と味わいたくない。。

この日くらいから、息子の世話もなんとかこなせるようになった。まだ傷口には金具がついていたため、動くたびに少し攣れて痛かったけど、動き出してしまえばたいしたことはなかった。

ま、3時間おきの授乳は体力的に辛かったし、夜中泣いてなかなか寝てくれないとこっちも泣きそうになったけど、こんなのは世の中のお母さんみんな経験していることだしね。あたしにだってできると思ってやらないと。

11月15日(術後7日目)、ついに抜糸の日。朝の傷のお手入れの時間に取ってもらった。

息子が大きめだったからか、後から見たら傷口もけっこう長めで、金具の数も多かったらしく、チクチク感がけっこうたくさんあってしんどかった。激痛ではなかったけど、苦痛だった。
「思ったよりは痛くないですね」といったら、「この金具が一番痛みは少ないですね。種類によっては痛いんですけど、○○病院の金具なんか多分痛いと思うし、昔ながらの糸なんかだと激痛でしょうね。」と、淡々と話してくれた。

そして、明日からシャワーができるとのこと。でも、傷口見るのこわい・・・。

また、明日昼には、退院前日の祝い膳が出るから、身内をひとり連れてきていいですよと言われた。相方はもういないので、母を呼ぶことにした。

11月16日(術後8日目)、朝の悪露の洗浄の後、シャワーをさせてもらうことに。洗浄の際、「あの、傷ってけっこうえぐいですか?」と聞いたら、「見てごらん」と看護師さん。
恐る恐る体を起こしてみてみたら、金具の跡はかさぶたがいっぱいついててちょっとあれだったけど、傷自体は思ったよりきれい。
へその下3cmくらいのところから恥骨のあたりまで、ちょっと斜めに線があった。今の段階では、正中線のほうがえぐいw
また、妊娠線はあまり目立ってなかった。

シャワーは、傷口はゴシゴシしないようにすれば、あとは普通でいいとのことで、そのようにしてみた。
別に傷にしみるでもなく、問題なかった。

そして、退院前日の祝い膳。息子をナースステーションに預け、お膳の出る食堂へ行ってみたら、うわさどおりすごい豪華なお食事が。最初から全部出てるけど、フルコースです。

テーブルの横には、メッセージカードも添えられていて、凝ってるな~と思った。

料理の味も、やっぱりとってもおいしかった。作ってる人って普通のおばさん?っぽいんだけど、何か資格持ってる人なのかなぁ。とにかく料理はすごいおいしいんだ。

本当は相方と一緒に食べれたらよかったけど・・・、帝王切開じゃなければね~、入院が短いから、一緒に食べれたかもしれないのに。

11月17日(術後9日目)、ついに退院の日。
朝は普通にすごし、10時半くらいに事務の方が支払い請求に来て、それを払ったら退院準備完了。
母に連絡して来てもらって、看護師さんに準備ができた旨報告し、ぷーすけと一緒に写真を撮ってもらったり、私の手とぷーすけの足についてた、私とぷーすけが親子であることを示すバンドと、ぷーすけのベッドについてた母の名前やぷーすけの身長・体重などが書いてあるカードを記念に頂いて帰った。


こうして、出産日を含め10日間の入院生活で、これまでの私の人生で一番濃密な日々だったけど、色んなことを考え、経験するいい機会だったように思う。
まさか自分がお腹を切って子供を産むなんて、2週間前までは考えもしてなかったことだったしね。(実は、出産した産院は、帝王切開への切り替えの判断が早いという噂はあったんだけど。)

でも、数十年前なら、もしかしたらふたりとも死んでたかもしれない。
医師の判断が遅かったら、息子に障害が残ったり、死んじゃってたかもしれない。
そう思うと、この子と会うための痛みだったんだし、今元気で子供と過ごせてることに感謝しなきゃと思う。

次も帝王切開かーと考えると、今はほんっと気が重たいけどねorz

+*+*+

長くなりましたが、出産・入院のおおまかなところです。
ひとつの出産の形として、こんなこともあるんだ~と思っていただけたら幸いです。
スポンサーサイト
12:45  |   -出産・入院  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

9日入院してたんだねー うちの病院は普通分娩で3泊4日で退院 普通一週間くらいなのにねw
いま授乳で3時間おきとかで辛いと思う
でも今だけだから
ずっと続くわけじゃないから(*^_^*)
思うようにいかなかったり初めてでわけわからなかったりでイライラしたり 不安だったりするよね
今の状況がずっと続くわけじゃないから大丈夫 ぷーすけ君と一緒にゆっくりなっちさんも成長していくんだよね(*^_^*)
ネイト |  2006.11.19(日) 15:53 | URL |  【編集】

>ネイトさん

3泊4日、短いね~。
病院にいたらいたで大変なこともあるから、入院が長ければいいとは思わないけどね~。

今は奔放な子供のペースに付き合わなくちゃいけないから、眠い時とかはいらいらしちゃうけど、そーだね~、ずっと続くわけじゃないものね。
今しかない新生児の息子との生活、楽しめるといいなぁ。
なっち |  2006.11.19(日) 18:47 | URL |  【編集】

「巻絡の回数と新生児仮死との発生率には,正の相関が認められる.しかし,新生児死亡に至る症例の多くは,巻絡の回数が3~4 回以上である.」ってことらしいので、多分どこの病院でも帝王切開になったのではないでしょうか。まぁ事前に分かったかどうかは別として・・・。胎動が元気一杯だったからがんじがらめになっちゃったんでしょうね。

世の中には帝王切開で産んだママもたくさんいますし、無事赤ちゃんが生まれてくれたことで充分だと思いましょうよ。私も、不妊・流産を経たけど、五体満足で産まれてくれただけで本当に幸せです。
ぷにちゅ |  2006.11.19(日) 20:58 | URL |  【編集】

>ぷにちゅさん

そうですね、大事なのは産み方ではなく、育て方だったり、何より子供が元気でいてくれることですよね。
そう思える時もあれば、あの時の気持ちを思い出してショックで落ち込んでしまうこともあって、まだまだループしちゃっています。
自分にだって起きうる事だったのだと、最初から予備知識もっておけばよかったと、そういった意味での後悔もありますね~。。

でも、うん、やっぱり子供が元気で産まれてくれたこと、私もとっても幸せです。もしかしたら元気なこの子に会えなかったかもしれないって思うと、こわくなりますね。。取り上げてくれた医師にも感謝しています。
なっち |  2006.11.19(日) 23:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyhappybaby.blog59.fc2.com/tb.php/168-5eb1a2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。