スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/17 (Fri)

出産体験談 

入院中コメントくださったみなさん、ありがとうございました!
そして、レスが遅れて大変申し訳ありませんでした。

実は、思いもよらなかった事態が発生し、異常分娩を経験することになり、今日退院してきた次第です。
心も落ち着いた今だから書ける、怒涛の出産体験を書きたいと思いますw

+-+-+

11月8日、この日は朝7時くらいに目覚めるも、お手洗いへ行った後また部屋へ戻り、二度寝をした。この時は特に変化なし。

朝9時半
なんかお腹が痛くて目覚める。便秘のような痛みだ。
『でも、便秘じゃないし、でも波があるから便秘の痛みと似てるなぁ』とか思いながら、布団の中でしばし過ごす。

・・・やっぱり痛い。なんか数分間隔で、すぐに痛みが去ってしまっている。前駆陣痛かな?と思った。
そしてもう一度お手洗いへ行くと、出血していた。

『あ、始まったんだ。』

ここでようやく陣痛なんだと分かった。

10時半、リビングにいる母に、「陣痛が始まったみたい。おしるしがある。」と言い、間隔をはかってみる。

14分、12分、10分、と、約2分ずつ減っていっている。痛みも徐々に強くなり、何より進みが早い。

買い忘れていたが、コンビニでも買えるしとタカをくくって用意してなかった歯磨きセットを買いに行く。

12時、再び家に着いたときには、7分間隔。
病院からは、10分間隔で来院するようにといわれていたので、すぐに電話し、入院の準備を持って産婦人科へ。

13時前、お昼時だったからか、少し待たされてNST開始。
そのままの状態で、1時間ほど様子を見させられる。

14時、医師が登場し、内診。
「ん、もう6cm開いてるな。入院ですね。」
早い!! どうりで痛いと思ったよ。。
でも、まだまだこんなもんじゃないだろう。それに、いきみ感も全然ない。きっとまだまだかかる。

15時、陣痛室で付き添ってた母が、「余裕そうだし、今4分ってことは、初産だからまだまだかかるね。お母さん洗濯物入れたりしてくる。」といって一度自宅に戻った。
まぁ、母から事前に「かっこ悪いから叫ぶな、暴れるな。」と言われていたからしれっとしていただけで、実はかなり痛かった。

15時20分頃、再び医師が来て、「だいぶつらいですよね?そろそろ気張りたいような感じがあるでしょう?」と言われたが、「陣痛は痛いですけど、いきみたい感じっていうのはまだ・・・。」と答えた。本当にいきみ感がなかったのだ。
そして首をかしげつつ医師が内診。
「もう9cm開いてる。分娩室へ移動しましょう。」
看護師さんが「あらー、初産なのに早いね~。」と驚いていたし、私も同様に驚いた。
経過が早かったのもそうだし、多くの経産婦が一番つらかったと言ういきみ感がなかったから、なんか変だなと。ちゃんと出せるのかなと。

15時45分頃、全開と言われ、相変わらずいきみ感がないまま、言われたとおりにいきんでみる。
もちろん、手ごたえはない。こんなんで出せる感じがしない。子供のあたまだって全然降りてない感じがした。

16時半ちょっと前に、医師により破膜。「ある程度のところまで赤ちゃんを降ろせれば援護(吸引)できるので、お産を進めるために破水させました。陣痛も一気に痛くなると思いますから、頑張ってください。」と言われ、子供の頑張りにも期待。

しかし、その後の陣痛はすごく痛いのに、子供が全然降りてこない。相変わらず朝と同じ位置で胎動を感じていた。

『だめだ。たぶんこんなんじゃ出てこない・・・。』

この時点でそう思った。

16時50分、医師が「だめだ、何かに引っかかってる。17時まで頑張って進まなかったら、緊急手術に切り替えよう。」と看護師さんたちに話す。

やむなく17時になり、
「どうやら何かに引っかかって出てこれなくなってるみたいです。産道を通れないのか何なのかは出してみないと分かりません。
 このまま頑張って無理に進めて、もし何か異常があった場合、お母さんと赤ちゃんが元気に終えれる保障もできないし、そうなった場合責任も取れないんです。なので、手術に切り替えましょう。」

と説明を受け、不安になりながらも承諾した。

『どうなるんだろう・・・お願い無事に産まれて! 赤ちゃん、あたしを踏み台にしてもいいから、どうか助かって!』

本気で祈った。
あんな気持ちがなかったら、あそこまでいってた自然分娩から緊急帝王切開なんて精神的に無理だっただろう。現に、すごくこわかった。

その後が辛かった。
手術開始までの約40分間(と看護師さんが言ってた)、それまで手を握ったり、陣痛のたびに会陰を押さえてくれてたり、一緒に呼吸法をやってくれてた看護師たちがバタバタと動き出し、私はひとりで横にされ、まだ続いている陣痛と戦わされることになる。たぶん、この時が一番辛かった。
陣痛の痛みはもちろんのこと、精神的な苦痛は相当大きかった。

NSTの機械から聞こえる胎児心音だけが、心の支えだった。
赤ちゃんも、破水後で、しかも出てこれない状態なのに続く子宮の収縮で、そうとう苦しんでいるはず。
赤ちゃんだって、頑張ってるんだ。

その後は、分娩室とカーテンを隔てて併設されてた手術室の手術台に移され(もちろん歩いて)、剃毛、導尿、そしてついに背中から局部麻酔をされ(これも痛かったけど、陣痛に比べれば余裕)、仰向けにさせられた。

手術が始まった。
最初はちくっとした痛みを感じたが、その後は痛みを感じることもなく、ちょっとしてから産声が響き渡った。
「○○さん、おめでとうございます!産まれたよ!男の子ですよ!」

『ああ、産まれた~~~』

17時54分、長男誕生

でも、意識は朦朧としていて、感動したという記憶はない。
同じ頃、「血圧79切りました。」「79?低いな。」というやり取りが聞こえ、『でも赤ちゃんが出されたから、もうどうなってもいい。。』とか思ってた。

そうしてうとうとしていたら、頭の上から声がした。
「○○さん」
「○○さん、しっかりして、ほら赤ちゃんだよ。」


目線を上にやると、今誕生したばかりの私の息子が、じーっと私のほうを見ていた。
「こんにちは、やっと会えたね。大丈夫?ごめんね。」
自分がそう言ったことだけは、はっきりと覚えている。

そしてそのまま手術が終わるまでまたうとうと。。

手術が終わってから、医師から息子の首、腕、脚にへその緒が絡まっていたことを知らされた。それが原因で降りてこれなかったんだろうと。

そして、担架で病室(個室)まで運ばれた。
分娩・手術室の前では両親が心配そうに近づいてきて、母が「大変だったね、大丈夫?」と声をかけてくれた。「たぶん・・・。」と答え、次は新生児室の前で看護師さんから、「ほら、赤ちゃん。こっち見てる。」と言われ、再び息子とガラスごしに対面。
母が「顔立ちしっかりしてかわいいね。」と言ったので、「○○くんに・・・、旦那に似てる。」と言ったら、「でもあんたもこんな感じだったよ。」と言ってた。
やっぱり、自分の娘に似てほしいようだ。

一方、陣痛中はしきりにメールで連絡しあっていた相方は、会社の健康診断があったりして東京を出るのが遅れ、到着したのは23時半過ぎだった。
手術が終わって部屋に戻された時からそれまでの5時間近く、途中たぶん寝たりもしたんだと思うけど(ちょくちょく記憶がないのだ)、相方の到着を心待ちにしていたので、その時には覚醒してた。

「大丈夫?痛かったやろ。よく頑張ったね。いい子。」と頭をなでてくれた。
この時には新生児室がカーテンで閉ざされていたらしく、子供には会えなかったと残念がっていた。

こうして、私の初めての出産は、ほぼフルコースを味わう形で終わった。
本当に、すさまじい体験になった。
スポンサーサイト
14:18  |   -出産・入院  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●退院おめでとう!

凄い大変だったねー よく頑張った お疲れ様o(^-^)o
読んでて涙が出たよー(>_<)ママも赤ちゃんもよく頑張った ほんとお疲れ様(^o^)/
ネイト |  2006.11.17(金) 17:11 | URL |  【編集】

>ネイトさん

ありがとう~。
入院中も、お気遣いのメールありがとうね~。

まさか自分がこんな体験するなんて思ってもいなかったから、未だに戸惑っているし、色々考えちゃうよ。
でも、ようやく貴重な経験したなぁって思えるようになったかなぁ。
なっち |  2006.11.17(金) 22:07 | URL |  【編集】

●お疲れ様でした!

精神的にキツイっていうのすごくわかります…。
私もきっと産後うつっぽくあったから、
しばらく立ち直れなかったこと多かったし。

無事退院できて何よりです♪
しばらくは心身共になるべくゆっくりして下さいね。
郁@携帯 |  2006.11.17(金) 23:23 | URL |  【編集】

お疲れ様でした!
帝王切開になってしまったんですね。でも私も陣痛がつらいとき「切って出して下さい」とか医師に言ってしまいました(苦笑)。
そんなにへその緒がからまってたんですね~。超音波でも分からなかったんでしょうか・・・。でも母子共に無事でなによりです!
子育て頑張りましょうね!
ぷにちゅ |  2006.11.18(土) 11:40 | URL |  【編集】

大変な出産だったんですね。うちもへその緒が2重に首にまきついて生まれてきたんですよ~。
陣痛だけでもしんどいのに、帝王切開も経験されて本当に辛かったと思いますが、無事でなりよりです。生まれたお子様を見たら、本当に感動だったでしょうね。
私も妊娠中つらかったので生まれた時は本当に「ありがとう」て気持ちで一杯でした。

この気持ちを大切にして、これからお互い子育て頑張りましょうね♪
あみ |  2006.11.18(土) 14:26 | URL |  【編集】

>郁さん

郁さんの長男くんの時の状況と似てますよね。
寸前まで普通に産むものだとばかり思っていたから、気持ちの切り替えや、産後の鬱々とした気持ちをリフレッシュするのには、だいぶ時間がかかりました。
正直、今も色々考えちゃいます。
なっち |  2006.11.18(土) 21:56 | URL |  【編集】

>ぷにちゅさん

私も、陣痛中は、『もう無理だよ、切って出してよ~』と思ったんですが、いざ本当にそうなると、それはもうダメージでかかったです(苦笑)
せっかくあそこまで頑張ったんだから、下から出したかったですよ~~。

私がかかっていた病院では、へその緒の巻絡をエコーで確認されなかったんですよね。2Dでも分かるみたいですけどねぇ。。

ま、無事生まれてきてくれたので、結果オーライですね。
ほんと、お互い育児頑張りましょう♪
なっち |  2006.11.18(土) 21:58 | URL |  【編集】

>あみさん

首だけならたぶん出てきたんだと思うんですけど、色んなとこに巻いてあったので、もうへその緒に余裕がなかったみたいです。
無理やり押し出されそうになって、息子はそうとうきつかっただろうなーって思うと、かわいそうになります。

気持ちを切り替えて、日々育児に奮闘しているところです。
先輩ママのあみさんには、今後も色々ご助言お願いするとおもいますが、よろしくお願いしますね♪
なっち |  2006.11.18(土) 22:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyhappybaby.blog59.fc2.com/tb.php/166-ceaf2d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。