スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10/01 (Sun)

情操教育。【32週6日】 

最近相方が、こんなアミューズメントパークの話をしてくれた。

キッザニア』というパークなんだけど、どうやら子供がお仕事をしてパーク通貨を得て、その通貨でパーク内でのお買い物ができたりするという仕組みのところらしい。
貯めた通貨はパーク専用銀行カードで貯蓄できるらしい。
小さい現実社会を経験できるというわけですね!

働くところは、お菓子屋さんだったり、消防士さんだったり、ほんと色々あるみたいで、その奉仕中は係員の方が全面的に面倒を見てくれて、親は入れないんだって。
つまり、子供ながらにしてプチ社会経験みたいなものができるってこと。

我々夫婦、こういうの好きなんですよね~。
子供が子供なりに考えてやるとか、親から離れて成長のチャンスが与えられるとか、すごくいいじゃないですか。
あ、でも、うちの子が男の子(予定)だからそう思うのかもしれないけど。。女の子だったら、ちょっと考え方変わるかな~?

対象年齢はおそらく4歳とか5歳すぎてからなんだと思うけど、うちの子がそんくらいになるまで継続しているといいなぁ。

今それくらいのお子さんをお持ちの方は、機会があれば行ってみてください~。10月5日オープンのようです。
場所は東京の豊洲なんですけど、東京駅まで来ちゃえばけっこうすんなり移動できる場所のようです。

うちはけっこう近いので、子供に体験させてお話することができればいいんですけど、生まれてもいないし、0歳じゃどう考えても無理ですねorz

ちなみに、すでに体験した子供たちの評価は上々のようです。楽しかったという感想が多いんだとか~。
スポンサーサイト
13:32  |   -妊娠9ヶ月  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ニュースでやってるの見たような気がします。いい取り組みですよね。アメリカとかは子供にお金を渡して株式運用させてみたりとかしますしね。

私も働かざる者食うべからず主義でいこうと思います。なるべくお駄賃とご褒美制で(笑)。主人が甘やかしそうですが…。
ぷにちゅ |  2006.10.01(日) 14:23 | URL |  【編集】

同感です~。<働かざる者食うべからず
うちはどちらかというと主人のほうが厳しくなりそうなので、そういった教育は基本的には任せようと思っています(笑)

キッザニア、私は全然知らなかったんですが、ニュースにもなってるんですね~、すごい。
そういうところへも積極的に連れて行きたいです。
なっち |  2006.10.01(日) 20:23 | URL |  【編集】

朝の番組でやってた。
すごい楽しそうで、一緒にみてた、お子たちも、俄然興味をもったようです。
でもねえ、悲しいかな遠くて・・・。
こういうところが、地方でも出来てくるといいんだけどなあ。
わらを |  2006.10.01(日) 23:27 | URL |  【編集】

凄い楽しそうですね!
息子も大きくなったら連れて行きたいかも~。
私も子供たちには色々な経験してもらいたいなぁ。
郁 |  2006.10.02(月) 04:16 | URL |  【編集】

>わらをちゃん

お返事遅れてごめんなさい!

こういうの、聞いたことないものね、もっとあればいいのにね~。
わらをちゃんちのお子たちは、ちょうどいい年齢だよね。
もし訪問する際は、是非声かけてくださいな! 一緒に行きたい(笑)
なっち |  2006.10.03(火) 13:02 | URL |  【編集】

>郁さん

お返事遅れてごめんなさい!

「今の子供はひ弱で我慢弱く打たれ弱い。(=親のしつけが悪い)」なんて言われますが、自分の子はそうじゃない子に育てたいって思いますね。
その手助けになるシステムなんじゃないかと思いました。
なっち |  2006.10.03(火) 13:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyhappybaby.blog59.fc2.com/tb.php/139-3d7bac28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。